株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日続落、リスク回避の売り先行、総医研ストップ高  5月14日16時21分

 本日のマザーズ市場は、売りが先行し軟調な展開だった。13日の米国市場でNYダウが617ドル安と今年2番目の下げ幅を記録し、本日のマザーズ市場ではリスク回避目的の売りが広がった。マザーズ指数は朝方に850pt近辺まで下落する場面があった。米中通商協議を巡るトランプ米大統領の楽観的な発言が伝わると、マザーズ指数は日経平均とともに下げ渋ったが、本日の始値近辺で戻り一服となった。なお、マザーズ指数は5日続落、売買代金は概算で1010.66億円。騰落数は、値上がり80銘柄、値下がり196銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ<4385>やサンバイオ<4592>が軟調。決算発表のログリー<6579>やリネットジャパン<3556>は急落し、中国子会社で不適切な会計処理の疑いがあると公表したMTG<7806>も売りがかさんだ。また、BS<3623>やロジザード<
4391>、遺伝子治療薬の発売延期を発表したアンジェス<4563>はストップ安水準まで売られた。一方、オンコリス<4588>やALBERT<3906>は反発。決算が評価された弁護士コム<
6027>は急伸し、グッドスピード<7676>と総医研<2385>はストップ高水準で取引を終えた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »