株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=テクノプロHD、デジタル人材派遣で業績急成長局面に  5月14日10時00分

 テクノプロ・ホールディングス<6028.T>は目先調整局面にあるが、6000円近辺は押し目買い好機といえる。ビッグデータの普及やIoT社会の到来で、企業のデジタル系人材へのニーズが高まっている。技術系人材の派遣サービスで国内トップクラスの同社にとって、活躍余地が一段と広がっており、株価は中期視野で昨年8月につけた上場来高値7470円に再チャレンジする展開が期待される。

 業績は14年6月期以来、一貫して増収増益トレンドを継続。今19年6月期は営業利益段階で前期比20%増の135億円を計画するが、第3四半期時点で111億3100万円(前年同期比29%増)と大幅な伸びを確保しており、対通期進捗率は82%強に達している。会社側予想を上振れての着地が期待されるほか、20年6月期もIT業界向けデータサイエンティストの派遣などで高水準の需要を捉えることが予想され、2ケタ成長トレンドが続く見通し。(桂)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
スルガ銀行が反発、新生銀と提携と報じられる◇
シイエム・シイはしっかり、19年9月期期末配当の4円増額と上期営業利益16%増を好感
カネヨウは一時S高、20年3月期営業益予想81%増で16期ぶり復配へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »