株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中合意への道筋は不明瞭か  5月15日15時00分

 トランプ米大統領は中国との貿易合意は近いとの考えを示したことから、14日の米国株式は反発した。中国の外務省報道官は定例会見で「中国と米国は関連協議を引き続き進めることで合意している」との見解を表明したことも好感されたようだ。

 ただ、一部の市場参加者は「中国政府が様々な種類の補助金を交付していることを問題視している限り、米中協議での合意形成は容易なことではない」と指摘している。「似たような制度は米国を含めて他にも存在している」、「中国だけを問題視する米国の態度は不自然」との声も聞かれている。株式市場関係者は米中首脳会談の開催に期待を寄せているが、閣僚級による事前協議がより重要であり、最終的な合意形成について楽観視できない状況が続くとみられる。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »