株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興株前引け ジャスダックとマザーズ反落、主力株安で心理悪化  5月16日11時44分

 16日午前の新興企業向け株式市場で日経ジャスダック平均株価は反落した。前引けは前日比6円91銭(0.21%)安い3359円93銭となった。朝方は小高く始まったが、米中貿易摩擦の激化懸念から東証1部の主力銘柄で構成する日経平均株価が下落幅を広げたのを受けて投資家心理が悪化。新興市場でも幅広い銘柄に売りが広がった。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で232億円、売買高は4966万株。環境測定を手掛ける環境管理やワークマンのほか、ハーモニックやフェローテクが下落した。半面、ジョルダンやメイコー、DWTIは上昇した。

 東証マザーズ指数も反落した。前引けは前日比3.83ポイント(0.43%)安い877.50だった。サイバダインやアンジェス、ラクスが下げた。一方で、そーせいやFFRI、サンバイオなどは上げ、指数を下支えした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »