株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、バイオ株物色は盛んながら買いは広がらず  6月10日16時03分

 本日のマザーズ指数は続伸となった。米株高の流れに加え、トランプ米大統領は、メキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると表明。全体相場にも一先ず安心感が広がる格好からマザーズ指数も買い先行で取引を開始。その後も上げ幅を広げ、一時900ptを回復する場面も。しかし、引き続き不透明な状況が続いている他、戻り待ちの売りなども意識され、後場にはじりじりと上げ幅を縮小、終値ベースで900ptを回復することはできなかった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で931.30億円。騰落数は、値上がり186銘柄、値下がり87銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、戦略的提携先のファイザーから3百万米ドルのマイルストンを受領すると発表したそーせい<4565>がマザーズ売買代金トップにランクイン。また、寄り前に子会社の米アキュセラが、新薬候補「エミクススタト塩酸塩」について、欧州医薬品庁からオーファンドラッグ指定の通知を受けたと発表し窪田製薬<4596>がストップ高となったことも追い風に、オンコリス<4588>、リボミック<4591>、アンジェス<4563>などバイオ関連の上昇が目立った。一方、重要業績評価指標の速報値を発表したフィルカンパニー<3267>が15%安と急落した他、インパクト<6067>、イーソル<4420>、トビラシステムズ<4441>、ロゼッタ<
6182>なども売りに押された。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »