株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中首脳会談への期待広がる  6月10日16時05分

 米国とメキシコは6月7日、不法移民対策について合意し、米国はメキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると発表した。目先的にリスク回避的なドル売りは縮小するとみられているが、5月米雇用統計のさえない内容を受けて年内複数回の米利下げ観測が広がっている。今週発表される5月米生産者物価指数(PPI)、5月米消費者物価指数、5月米小売売上高などの主要経済指標が市場予想を下回った場合、早期利下げを想定したドル売り・円買いが再び広がる可能性がある。

 なお、ムニューシン米財務長官は8日、トランプ米大統領と中国の習国家主席が20カ国・地域(G20)サミットに合わせて首脳会談を開くとの見通しを示した。通商問題などを巡る米中対立長期化への懸念は消えていないが、市場関係者の間からは「米中首脳会談の開催は問題の早期解決につながる可能性がある」との声が聞かれている。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »