株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は4日ぶり反落、一時プラス転換も伸び悩み軟化  6月12日15時46分

日経平均は4日ぶり反落。11日の米国市場でNYダウは小幅ながら7日ぶりに反落し、14ドル安となった。本日の日経平均もこうした流れを引き継ぎ、利益確定の売りが先行して73円安からスタート。前場は朝方発表された4月機械受注の改善を受けプラスに転じ、21259.70円(前日比55.42円高)まで上昇する場面もあったが、積極的な買いは限られ伸び悩んだ。中国などアジア株が軟調な展開だったことも相場の重しとなり、後場はマイナス圏でもみ合う場面が多く、引けにかけて弱含んだ。

大引けの日経平均は前日比74.56円安の21129.72円となった。東証1部の売買高は10億5678万株、売買代金は1兆9169億円だった。業種別では、その他製品、不動産業、石油・石炭製品が下落率上位だった。一方、パルプ・紙、小売業、鉄鋼が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の62%、対して値上がり銘柄は33%となった。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が3%超の下落。米国でゲーム見本市
「E3」が開幕したが、目立った材料に乏しいとの見方からゲーム関連株が売られた。ソフトバンクG<9984>は2%超安。米主要州が同社傘下のスプリントと同業TモバイルUSの合併阻止へ裁判所に提訴したと伝わっている。前日買われた東エレク
<8035>も反落し2%超安。その他ではソニー<6758>や村田製<6981>がさえない。また、日本通信<9424>は引けにかけ手仕舞い売りがかさみ、東証1部下落率トップとなった。一方、ファーストリテ<9983>が2%超高となり日経平均を下支えし、トヨタ自<7203>、ZOZO<3092>、NTT<9432>などもしっかり。NTTデータ<9613>はレーティング引き上げ観測で買われ、自社株買い実施を発表した伊藤忠<8001>は後場プラス転換。また、決算発表のシーイーシー<9692>や丹青社<9743>が急伸し、東証1部上昇率上位に顔を出した。



<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »