株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

下向き基調の25日線レベルでの推移か  6月13日07時43分

[本日の想定レンジ]

12日は米NYダウが43.68ドル安の26004.83、ナスダック総合指数が29.85pt安の7792.72、シカゴ日経225先物が大阪日中比85円安の21035円といずれも緩んだ。本日の日経平均は軟調が予想される。昨日のローソク足は長い上ヒゲを形成して引け、上値での売り圧力の強さを示した。本日は下向きの25日移動平均線(昨日大引けで21053.82円)付近での推移が予想される。5日線が上昇して短期的な強地合いを示す一方、10日にマドを空けて上昇した後で値固めが終わっていないため、下げ幅が拡大するリスクがあることに留意したい。日足の一目均衡表では、転換線が上向きだが、基準線は下向きで、強弱感の対立が窺える。大勢では日々線が雲下で推移するなど三役逆転後の売り手主導の地合いにある。ボリンジャーバンドでは、中心線付近でのもみ合いが予想される。ただ、昨日ザラ場で一時+1σ手前まで上昇しており、本日終値が中心線を明確に下回ると3日の一時-2σ割れをボトムとする反転トレンド終了となろう。

[予想レンジ]
上限21100円−下限20900円

<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »