株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米外為市場サマリー:手掛かり材料難から小幅な値動き、1ドル=108円50銭前後で推移  6月13日08時15分

 12日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=108円50銭前後と、前日に比べてほぼ横ばいとなった。ユーロは、1ユーロ=122円48銭前後と、前日に比べて45銭のユーロ安・円高となった。

 12日のニューヨーク外国為替市場は、手掛かり材料難から小幅な値動きとなった。米労働省が朝方に発表した5月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、リスク回避の姿勢からドル売り・円買いが先行した。ただ、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感からポンド安・ドル高が進行すると、対円でもドルが買われた。

 ユーロは対ドルで反落し、1ユーロ=1.1287ドルと前日比で0.0039ドルのユーロ安・ドル高となった。


出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
12日の米国主要株価指数終値
12日の欧州主要株価指数終値
13日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »