株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は19円安でスタート、昭和電工や楽天などが下落  7月10日13時00分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21545.58;-19.57TOPIX;1567.53;-7.36

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比19.57円安の21545.58円と下げ幅を縮小して取引を開始した。午前の日経平均は反落。225先物はランチタイムにかけて21500円-21530円のレンジで推移。
アジア株が堅調であることに加えて、円相場は1ドル108円90銭付近で前日より円安傾向に振れていることから、後場の日経平均は下げ幅を縮めて寄り付く形となった。その後は下げ幅を縮めて、一時プラス圏に転換する場面も見られ、底堅さは意識される動きとなっている。

 業種別では、情報・通信業、精密機器、鉱業がプラスで推移しているのを除き、鉄鋼、パルプ・紙、海運業、化学、非鉄金属、サービス業、機械、建設業、電気・ガス業などを筆頭にほぼ全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、昭和電工<4004>、楽天<
4755>、リクルートホールディングス<6098>、安川電機<6506>、村田製作所<6981>、任天堂
<7974>などがマイナスで推移。一方、日本通信<9424>の上昇が目立つほか、KDDI<9433>、NTT<9432>、太陽誘電<6976>、NTTドコモ<9437>、ファーストリテ<9983>などがプラスで推移している。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »