株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=共英製鋼、今期業績上振れに期待  7月10日10時00分

 共英製鋼<5440.T>は、鋼材受注の減少や在庫増大などで鉄鋼大手に業績下方修正懸念がくすぶるなか、業績上振れが期待されている。

 足もとで、電炉鉄スクラップの価格が下落基調にあることに注目したい。東京地区の電炉買値は1トン2万6500円前後で推移しており、1カ月前より1割安く、2年ぶりの安値水準にある。鉄スクラップ価格の下落に伴いスプレッドの拡大が期待でき、国内鉄鋼事業は上振れの可能性がある。

 これに加えて、好調な米国経済を背景に子会社の米ビントン・スチール社の業績も好調な推移が見込まれる。会社側の20年3月期経常利益予想は105億円だが、130億円強を見込む調査機関もある。更に今後は、ベトナム事業の収益力強化への取り組みなどにも注目したい。(仁)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
リベレステは反落、19年5月期業績は計画下振れ営業減益で着地
シリコンスタジオが続急伸、自動車業界向け受託開発など堅調で上期営業損益は黒字転換
精工技研が一時15%高、5G基地局アンテナ計測用光電界センサを開発


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »