株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=サイバネット、第2四半期業績に上振れ余地  7月11日10時01分

 サイバネットシステム<4312.T>が8月7日に発表を予定している19年12月期第2四半期累計(1~6月)の連結決算は上振れ余地が大きいといえそうだ。

 第1四半期(1~3月)の連結経常利益は6億8000万円(前年同期比2.7倍)で、通期計画16億800万円に対する進捗率は42.3%に達している。主力のCAE(実験やテストをコンピューター上でシミュレーションし、分析する技術)ソリューションサービス事業は、電機や自動車業界向けなどが堅調に推移。ITソリューションサービス事業ではセキュリティー関連が伸びており、足もとではこうした好環境が続いているとみられる。

 株価は75日移動平均線まで調整したことで一巡感が台頭し、6月26日の安値607円を底に出直り気配。直近では5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが実現しており、5月20日につけた年初来高値723円奪回からの一段高が期待される。(参)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
スタジオアタオがS安ウリ気配、アタオランド出店に伴う一時費用発生で第1四半期営業減益
USENHDが大幅高で3日続伸、第3四半期経常利益の対通期進捗率が8割超える◇
トレファクが急反発、8月中間期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »