株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

来週の為替相場見通し=108円前後の往来継続も  7月12日18時04分

 来週の外国為替市場のドル円相場は、108円ラインを中心とする往来相場が続く可能性がありそうだ。予想レンジは1ドル=107円50~109円00銭。

 この週は、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による10日の議会証言の内容が予想に比べハト派的だったことから、一時109円ラインに近づいたドルが107円80銭台まで急激なドル安・円高が進む場面があった。市場では7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)での0.25%利下げは確実との見方が強まり、0.5%の利下げ予想も復活した。ただ、米6月消費者物価指数(CPI)は底堅く、米長期金利は反発基調にある。このなか、市場からは「月末のFOMCの内容とコメントを確かめたい」との声が出ており、今後は再度、様子見姿勢が強まる公算が出ている。来週は、15日が祝日で東京市場は休場だが、中国では4~6月期国内総生産(GDP)が発表される。また、16日の米6月小売売上高が注目されるほか、17日に米6月住宅着工件数、18日に米6月景気先行総合指数が公表される。国内では、18日に6月貿易統計、19日に6月消費者物価が発表となる。




出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況 午後5時時点、108円36~38銭のドル高・円安
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
ネオスの19年3~5月期は売上高16%増、営業利益13%増と2ケタ増収増益◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »