株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エンビプロHDの19年6月期業績は営業利益が計画上振れ  7月12日17時02分

 エンビプロ・ホールディングス<5698.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年6月期連結業績について、営業利益が7億9200万円から8億6700万円(前年同期比13.5%減)へ、純利益が6億1600万円から7億7800万円(同7.4%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 中国などの輸入規制による廃棄物の国内還流の影響を受けて、国内の資源リサイクル施設での集荷・生産が順調に推移した一方、金属相場が軟調に推移していることなどを受けて、売上高は369億4200万円に対して363億3200万円(同3.0%減)とやや下振れた。ただ、最終処分場・焼却施設の処理料金値上げに対する受け入れ廃棄物の処理料金の是正が進捗したことが寄与したほか、日本政府専用機の売買による一時的な収益の増加も貢献した。

 なお、業績上振れに伴い、従来12円を予定していた期末一括配当を16円に引き上げるとあわせて発表した。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ファイズが20万株を上限とする自社株買いを発表
串カツ田中HDの5月中間期営業利益は計画を上振れて着地
プラズマが19年8月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »