株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=タカショー、7月の優待・配当権利取りに注目  7月12日10時00分

 タカショー<7590.T>に注目したい。夏相場を迎えつつあるなか、株主優待制度などを設けている銘柄に個人投資家から熱い視線が注がれている。

 同社はガーデニング商品の卸売り事業を手掛け、プロ商材などの取り扱い品が国内最大級で景気の良し悪しに関わらず稼ぐ基盤をしっかり有している。5月に発表された20年1月期第1四半期(1月21日~4月20日)営業利益は前年同期比37.2%増の1億9100万円と、通期の6億4800万円に対する進捗率は約3割と好調な滑り出しを見せている。更に、6月13日には株主優待制度を変更し、従来のイベント招待などの内容から保有する株式数に応じて株主優待ポイントを付与するとしたことからお得感が増している。かつ最低100株以上、つまり優待の最低取得額は4万円台と少額であることも魅力的だ。なお、7月20日は権利付き最終日。

 株価に関しては、配当利回りが2.1%台、PBR0.8倍未満と下値リスクは限定的だ。(レイ)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
チームスピリットはS安、第3四半期営業利益2倍増益も進捗率の低さ警戒
さいか屋は大幅高、基幹店好調で第1四半期は経常黒字に浮上
いちごが一時13%高、第1四半期42%営業増益と1000万株を上限とする自社株買い発表を好感◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »