株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

仮想通貨取引所ビットポイント、仮想通貨の大量不正流出が判明【フィスコ・ビットコインニュース】  7月12日17時38分

金融やエネルギー関連事業のリミックスポイント<3825>が運営する仮想通貨取引所ビットポイントジャパンが、仮想通貨の不正流出があったと報告した。これに伴い、新規口座開設や仮想通貨取引などを含むサービスを全面的に停止している。

発表によれば、インターネットに接続しているホットウォレット(仮想通貨を保管する場所)から顧客預かり資産が約25億円、取引所の資産が約10億円、合計で約35億円相当の仮想通貨が流出した(レートは11日16時時点)。ホットウォレットで管理していたのはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)の5種類の仮想通貨だった。

同取引所では現在、流出額と原因などを究明中だ。コールドウォレット(インターネットに接続していない保管場所)からの流出はなく、サービスの再開については別途報告するとしている。この発表を受けて、運営元であるリミックスポイント株は一時ストップ安水準となる前日比80円(18.6%)安の350円まで低下した。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »