株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

堅調スタートながらも、上昇は限定的か  8月09日08時17分

[本日の想定レンジ]

8日の米国市場は、NYダウが371.12ドル高の26378.19、ナスダック総合指数が176.33pt高の
8039.16、シカゴ日経225先物が大阪日中比215円高の20775円。本日の日経平均は堅調な動きが予想される。昨日のローソク足は陽線を引き、2日連続で下値を切り上げており、米国市場の上昇も受ける形で本日も買い戻しが優勢となりそうだ。日足の一目均衡表では昨日、株価が雲下にとどまり、転換線と基準線がともに横ばいで引けるなか、遅行線は上向きに転じるなど、大勢弱気の中の下げ一服の要素も表しはじめた。ボリンジャーバンドでは、昨日終値が-2σ近くまで接近し、こちらも下げ一服を示している。ただ、ともに下降中の25日移動平均線と75日線とのデッドクロス(DC)が接近していることもあり、日経平均がシカゴ日経225先物にサヤ寄せする程度に上昇しても、本日は下落トレンド脱出に確証を持ちにくい形状のまま終わりそうだ。

[予想レンジ]
上限20800円−下限20500

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »