株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の為替相場見通し=106円台の一進一退継続も  8月14日18時08分

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、106円台を中心とするもみ合いが見込まれる。予想レンジは1ドル=106円00~107円00銭。

 前日のニューヨーク市場では、米中貿易摩擦への警戒感が後退したことから急激なドル高・円安が進行し、一時107円乗せ目前まで急伸した。その後は、106円半ばを中心とした一進一退となった。今晩は目立った経済指標の発表もなく、NYダウの動向などか注目を集めそうだ。お盆休みを取る市場関係者は少なくないが、依然、薄商いのなか前日の米市場のように荒い値動きとなることもあり得ることには、注意が必要だ。



出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況 午後5時時点、106円44~45銭のドル高・円安
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
<個人投資家の予想> 08月14日 17時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »