株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ライドオンEの第1四半期営業利益は6.3倍  8月14日16時18分

 ライドオンエクスプレスホールディングス<6082.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(4~6月)連結決算を発表しており、売上高47億8400万円(前年同期比5.1%増)、営業利益2億6700万円(同6.3倍)、純利益1億6400万円(同10.1倍)となった。

 元号変更や、ゴールデンウィークの長期化に伴う注文件数の増加により、宅配寿司「銀のさら」、宅配御膳「釜寅」の売り上げが好調に推移。昨年10月のメニュー改定による商品構成の変化で変動費率が改善されたことも寄与した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高208億2000万円(前期比1.5%増)、営業利益11億5100万円(同11.1%増)、純利益7億3000万円(同9.7%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
アエリアが19年12月期営業利益予想を上方修正
14日韓国・KOSPI=終値1938.37(+12.54)
午後:債券サマリー 先物は5日ぶり反落、米中対立懸念が和らぎ売り優勢


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »