株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=エレコム、Wi-Fi6関連商品などに期待  8月14日10時01分

 エレコム<6750.T>は好業績期待を背景に上値志向を強める展開が期待できる。

 8月6日に発表した第1四半期(4~6月)決算は、営業利益33億3500万円(前年同期比19.6%増)だった。Windows10への切り替えによりパソコン需要が回復の兆しを見せる中で関連商品の売り上げが増加したほか、新たな販売チャネルの開拓でテレビやAV関連も伸長した。

 今後は、高伝送速度や急速充電を追及するため、ノートパソコンやスマホの新機種にはUSB-Cコネクターの採用が加速するとみられることから、端末のコネクター仕様変更に伴い、周辺機器やアクセサリの買い替え需要が期待できる。また、2020年以降本格的な普及が始まるとみられる「Wi-Fi6」に関連した商品も今秋以降登場し、業績拡大に貢献しよう。

 20年3月期通期業績予想で、会社側は営業利益134億円(前期比5.7%増)を見込むが、保守的との見方が強く、144億円を見込む調査機関もある。更に、来期も増益基調の継続が期待できそうだ。(仁)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
環境管理に投資資金流入、成長分野注力を背景に業績絶好調
デリカフHDが反発、1株から2株への株式分割と第1四半期2ケタ営業増益を好感
イーレックス大幅続伸、販売電力量の増加で第1四半期営業益62%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »