株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=HEROZ、AI本命で活躍期待  9月06日10時01分

 HEROZ<4382.T>の一服場面は絶好の拾い場となりそうだ。同社は日本最大の将棋アプリ「将棋ウォーズ」の開発・運営で知られるが、自社開発による人工知能(AI)技術を駆使し、建設、金融などの産業向けにAIサービスを展開しており、AI本命銘柄として注目したい。

 同社の20年4月期単独業績の売上高は前期比18.4%増の16億3000万円、営業利益は同23.8%増の5億2000万円と3期連続で2ケタ増収増益を見込んでいる。特に、ディープラーニングなどの機械学習技術を集約したAIサービス「HEROZ Kishin」は安定成長している。この産業向けBtoBサービスは、将棋アプリなどAIを使った一般消費者向けのBtoCサービスを上回る成長が見込める。

 株価は6月19日に2万460円の年初来高値をつけた後、8月の波乱相場に見舞われ、利益確定売りで一時1万4000円台まで下落したが、調整は一巡しており再び人気化の兆しが出ている。(レイ)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
アウトソシンが続伸、24年12月期営業利益を5倍弱に増やす方針と報じられる
ザインが6日続伸、世界的IoTソリューションプロバイダーの中国リンクス社と提携
栄電子が続急騰、半導体市況改善を背景に連続ストップ高目前まで買われる◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »