株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は104円高でスタート、任天堂やソニーなどがプラスで推移  9月09日13時07分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21303.85;+104.28TOPIX;1546.35;+9.25

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前週末比104.28円高の21303.85円と前引け値(21305.89円)とほぼ変わらずの水準で取引を開始した。ランチタイムの日経225先物は、一時21280円をつける場面もあったものの、21300円を中心とした小動き。ランチバスケットは、差し引き10億円の買い越しとの観測。後場の日経平均は引き続き方向感の乏しさが意識されており、目立った動きは見られない状況。

 売買代金上位では、KLab<3656>の下げが目立つ他、ソフトバンクG<9984>、アドバンテスト<6857>などが軟調。一方、任天堂<7974>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、ファナック<6954>などが堅調。また、決算が評価されているgumi<3903>やアイル<3854>
は2桁の上昇。業種別では、石油石炭、その他金融、小売、保険などが強さを見せるなか、金属製品、ゴム製品の2業種のみが小幅ながらマイナス圏で推移している。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »