株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小幅反発、後場に騰勢弱める、GNIは急伸  9月09日16時27分

 本日のマザーズ指数は小幅反発となった。日経平均も方向感に欠けるなか、わずかながら買い優勢で始まったマザーズ指数は、寄り付き後はもみ合いながらも上げ幅を拡大。ただ、Sansan<4443>やそーせい<4565>などマザーズの主力株の一角が冴えない動きとなったこともあり、後場のマザーズ指数は騰勢を弱める展開となった。なお、マザーズ指数は小幅反発、売買代金は概算で660.35億円。騰落数は、値上がり171銘柄、値下がり109銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、10%高のGNI<2160>がマザーズ売買代金トップにランクイン。19年12月期業績予想の上方修正を発表、営業利益見通しを7.57億円から11.68億円に引き上げたことが材料視された。また、20年4月期上期および通期予想の上方修正を発表したスマレジ<4431>、オリックス<8591>と人工知能(AI)翻訳「T−4OO」の見込み顧客紹介に関して業務提携すると発表したロゼッタ<6182>、19年10月期第3四半期決算が通期予想を上回ったイトクロ<6049>などが関心を集めた。加えてsMedio<3913>やデータセクション<
3905>などAI株の一角にも個人投資家の物色が見られたようだ。その他、バンクオブイノベ<4393>、UUUM<3990>、チームスピリット<4397>などが買われた。一方、先週末に大きく急落する場面もあったSansanは本日も11%安となり、そーせい、アンジェス<4563>、ツクルバ<2978>、オンコリス<4588>なども売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »