株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中対立の早期解消への期待が再浮上  9月10日15時07分

 9日のニューヨーク市場では米中対立の早期解消への期待が広がったことから、安全逃避の債券買いは縮小し、長期債などの利回り水準は上昇した。報道によると、米中両国は来月ワシントンで行なわれる閣僚級の通商交渉に向けた準備交渉を今月半ばに開始するようだ。

 市場参加者の間では、この報道を受けて米中対立の早期解消や米中貿易摩擦の緩和に対する期待が広がっている。しかしながら、一部の関係者は「米国側の要求が従来と変わらない場合、中国側が合意する保証はない」と指摘し、米中の対立は長期間に及ぶ可能性があると想定している。外為市場では米中対立の早期解消への期待はあるものの、米国経済の減速に対する警戒感は消えていないことから、主要経済指標の結果次第でドルに対するやや強気な見方は後退する可能性がある。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »