株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=弁護士COM、「クラウドサイン」成長期へ  9月11日10時01分

 弁護士ドットコム<6027.T>が本格的な反騰局面入りを迎えつつある。

 同社は、法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」や税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」などの運営が主な事業。足もとは、弁護士マーケティング支援サービスや有料会員サービスが業績を牽引しているが、注目は15年10月に開始したクラウド型電子契約サービス「クラウドサイン」の成長だ。

 「クラウドサイン」は、契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービスで、契約交渉が済んだ完成済みの契約書をアップロードし、相手が承認するだけで契約を締結することができるというもの。SaaS市場の広がりとともに同事業は急拡大しており、累計契約締結件数は70万件、導入企業数は5万社を突破。今後の成長ドライバーとして期待できる。

 20年3月期は、営業利益で5億2000万円(前期比1.9%増)を見込む。「クラウドサイン」への積極投資により営業利益は3期連続横ばい圏の予想だが、「クラウドサイン」の本格的な立ち上がりやその他の事業の安定成長により、来期以降は利益拡大フェーズに入ると予想され、21年3月期営業利益10億円を見込む調査機関もある。(温羅)

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
アテクトが急反発、アップルウオッチ新製品発表で思惑
武蔵精密の戻り足急で75日線超え、AI技術分野の深耕に期待
バルクHDが安い、20年3月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »