株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Bakktのビットコイン先物 当初証拠金など詳細を公表へ【フィスコ・ビットコインニュース】  9月11日10時29分

Bakktの親会社ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)は、ビットコイン先物取引に必要な当初証拠金(IM)など取引の詳細を公開した。同社は9月23日にも現物決済先物取引の提供開始日を控えており、今回の公表文でも改めて明記された。

当初証拠金とは、規制当局CFTCが管轄となる証拠金規制が定める証拠金制度の一種で、過度の投機から市場の安定を担保するための方策である。

Bakktのビットコイン先物は、ICE Futures U.S.への上場を通じて取引が行われるため、先物商品の取り扱いや証拠金等の詳細はICEが担当する。

ICE Futures U.S.では、ビットコイン先物の提供にあたり、2つの当初証拠金が設定されていることがわかった。日間と月間契約どちらの場合も、当初証拠金の設定は一律になる。

• ヘッジ当初証拠金=3,900ドル(約42万円)
• 投機当初証拠金=4,290ドル(約46万円)

これら証拠金額は、ICEで提供される様々の金融商品と同水準であることが確認できている。なお、インターマーケットスプレットに関してもヘッジと投機によってレートが異なる。このマージンレートは最終取引時間に依存すると明記されている。

• ヘッジレート=400〜1,000ドル
• 投機レート=440〜1,100ドル

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »