株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY原油:続落で57.40ドル、中東地域における地政学的リスク低下の思惑も  9月12日07時34分

NY原油先物10月限は続落(NYMEX原油10月限終値:57.40 ↓0.45)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−1.65ドルの55.75ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは55.61ドル−58.30ドル。米エネルギー情報局(EIA)が11日発表した週間在庫統計で原油在庫は予想以上の減少していたものの、トランプ大統領がイラン制裁の緩和を検討しているとの見方が広がり、中東地域における地政学的リスク増大の懸念は後退したことが原油先物相場の下落につながった。主要通貨に対するドル高が進行したことも嫌気されたようだ。

<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »