株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:良好な外部環境を背景に買い戻し継続か  9月12日08時20分

本日のマザーズ先物は、良好な外部環境を映して、買い戻しの動きが続くと予想される。前日の米国市場は、米中通商協議の進展期待などを背景にNYダウなど主要株価指数は上昇した。シカゴの日経225先物も値を上げ、為替市場でも円安傾向が続いている。外部環境の好調さを映して、マザーズ先物にも買いが先行して始まりそうた。また、海外市場と比べた日本株の出遅れ感が目立つことも、足元で増加基調にある外国人投資家によるマザーズ先物への買い戻しの動きに寄与しそうだ。なお、本日は9月限の最終売買日となる。今週初めから期先物へのロールオーバーが進むなか、これまで上値のメドみられていた75日線水準を9月限のマザーズ先物が突破したことは、需給面でポジティブな要素として捉えられよう。とはいえ、資金の逃げ足の速さは依然として意識されており、前日に大きく買い戻されたメルカリ<4385>、そーせい<4565>、サンバイオ<4592>などといった指数インパクトの大きい銘柄の動向は引き続き注視しておきたいところである。上値のメドは885.0pt、下値のメドは870.0pt(9月限)とする。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »