株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中閣僚級協議での合意形成は期待薄か? 10月08日14時36分

 報道によると、トランプ米大統領は7日、今週行なわれる米中協議について「何か極めて大きなことができる可能性がある」との見方を示したが、「部分的な合意には満足しない」との見方を改めて示した。市場関係者の間では「10日に行われる米中閣僚級協議ですべての問題が処理され、二国間の対立が解消される可能性は低い」との見方が出ている。一部報道によると、中国商務省は「知的財産権保護法を修正する意向はない」と伝えているもようだ。

 7日の米長期債利回りは上昇したが、今週行なわれる米国債入札に備えたポジション調整の影響があったとみられており、債券市場は米中協議の行方を楽観視しているわけではないようだ。一部の市場関係者は「今回の米中閣僚級協議で成果ゼロに終ることはないと予想するが、協議結果を市場が客観的に評価的することは難しい」と指摘しており、「株式、為替、債券の3市場で異なる反応が観測される可能性がある」との声も聞かれている。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »