株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

松竹の8月中間期業績は計画上振れて着地 10月10日17時09分

 松竹<9601.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(3~8月)連結業績について、売上高が493億円から502億7000万円(前年同期比13.5%増)へ、営業利益が24億3000万円から33億2000万円(同へ35.5%増)へ、純利益が14億2000万円から20億4000万円(同51.1%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 映像関連事業で、グループの映画興行事業が想定以上の成績を挙げた作品が多かったことなどが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ゼットンが20年2月期営業利益予想を上方修正
日経平均先物・夜間、日中取引の終値比40円安で推移(午後5時現在)
東証主体別売買動向:10月第1週、外国人・現物は1149億円と4週ぶり買い越し


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »