株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は91円高でスタート、みずほや三菱UFJが堅調 11月06日09時44分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23343.51;+91.52TOPIX;1701.35;+7.19

[寄り付き概況]

 6日の日経平均は前日比91.52円高の23343.51円と続伸で取引を開始した。5日の米国株式相場は上昇。トランプ政権が中国への関税措置の一部撤回を検討していることが報じられたほか、10月ISM非製造業景況指数が予想を上振れたことも好感された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の23335円。円相場は1ドル109円10銭台と円安に振れて推移している。この流れから日経平均は続伸する形でスタートした。

 業種別では、ゴム製品、銀行業、パルプ・紙、水産・農林業、機械、鉱業、ガラス・土石製品、海運業、繊維製品などがプラスで推移。一方、情報・通信業、その他金融業、電気・ガス業、食料品、サービス業などがマイナスで推移している。売買代金上位では、ブリヂストン<5108>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、日立<6501>、SUMCO<3436>、アドバンテスト<6857>などがプラスで推移。一方、NTT<9432>、富士フイルム<4901>、ZHD<4689>、スズキ<7269>などがマイナスで推移している。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »