株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は続伸、利益確定売りこなし連日の年初来高値 11月06日15時41分

日経平均は続伸。5日の米国市場でNYダウは30ドル高と3日続伸し、連日で過去最高値を更新した。トランプ政権が対中関税の一部撤回を検討しているとの報道や、10月のサプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数の予想上振れが好感された。為替市場では1ドル=109円台前半へと円安が進み、本日の日経平均は91円高からスタートすると、朝方に一時23352.56円(前日比100.57円高)まで上昇。その後利益確定の売りも出てマイナスに転じる場面があったが、後場は海外投資家とみられる買いが入りやや強含んだ。

大引けの日経平均は前日比51.83円高の23303.82円となった。連日で年初来高値を更新した。東証1部の売買高は13億8852万株、売買代金は2兆4823億円だった。業種別では、パルプ・紙、鉄鋼、海運業が上昇率上位だった。一方、食料品、情報・通信業、精密機器が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の47%、対して値下がり銘柄は48%となった。

個別では、取引終了後に決算発表を予定していたソフトバンクG<9984>のほか、三菱UFJ<8306>、武田薬<4502>、村田製<6981>などがしっかり。取引時間中に決算と増配を発表した三菱商事<8058>は3%超の上昇。その他の決算発表銘柄ではベネッセHD
<9783>などが買われ、シグマクシス<6088>は東証1部上昇率トップ。また、シャープ<6753>はレーティング引き上げの動きも観測され、連日の大幅高で上昇率上位に顔を出した。一方、ソニー<6758>、東エレク<8035>、キーエンス<6861>などがさえない。前日大幅高だったZHD<4689>や富士フイルム<4901>は一転急反落した。決算発表銘柄ではNTT<9432>とスズキ<7269>が3%超下落し、アサヒ<2502>は6%の下落。また、ヘリオステクノ<6927>が売り気配のままストップ安比例配分となり、日本ライフL<7575>も東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »