株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反落、朝方から利食い売り優勢、ログリーが急落 11月06日15時56分

 本日のマザーズ指数は反落となった。前日の米株式市場では、米中貿易摩擦解消への期待が強まり、NYダウは連日で過去最高値を更新。為替相場は1ドル=109円台前半と円安が進むなか、本日のマザーズ市場は朝方に小幅ながら買いが先行。しかし、寄り付き直後に利食い売りの動きが急速に強まる展開となった。日経平均の上昇が一服をみせるなか、7日にメルカリ<4385>、8日にミクシィ<2121>とマザーズ市場における主力級銘柄の決算発表を控え、総じて利益確定売りが優勢であった。また、前日に急騰したSansan<4443>への利食い売りもマザーズ指数の重しになった。なお、売買代金は概算で624.35億円。騰落数は、値上がり106銘柄、値下がり184銘柄、変わらず11銘柄であった。
 値下がり率上位銘柄では、ログリー<6579>が14%安になったほか、アイペット損害保険<7323>やLib Work<1431>が軟調。売買代金上位では、セルソース<4880>、サンバイオ<4592>、そーせい<4565>、TKP<3479>、手間いらず<2477>、Sansanなどが軟調。一方で、前日に第1四半期営業損益が黒字に転換したことを発表したホープ<6195>
が一時ストップ高水準まで買い進まれたほか、ジェイック<7073>、中村超硬<6166>、メルカリ、アンジェス<4563>、オンコリス<4588>、GA TECH<3491>、ユナイテッド<2497>、ナノキャリア<4571>は上昇。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »