株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ベイカレント、強み発揮し高成長続く 11月06日10時02分

 ベイカレント・コンサルティング<6532.T>は業績拡大期待を背景に、更なる上値を目指す動きが期待できる。

 同社は、独立系の総合コンサルティングファームで、経営戦略決定に関する支援から、システム構築・運用支援までを提供。10月11日に発表した第2四半期累計(3~8月)単独決算は、営業利益が28億5300万円(前年同期比91%増)と大幅増益で、コンサルタントの積極的な増員と育成・戦力化が順調に進捗したことが牽引。一方で、リファラル採用の強化やSNSを活用したダイレクトリクルーティングなど、採用チャネルを多様化したことにより人材採用コストを抑制したことも大幅増益につながった。

 企業におけるデジタルトランスフォーメーションに関する取り組みが進展していることで、戦略立案から実行支援まで総合的に支援可能な同社の強みが発揮できており、今後も引き合いの増加が見込まれる。コンサルタント数の増加と高水準の稼働率で同社業績の拡大基調は続くとみられ、20年2月期は会社予想営業利益51億円(前期比14%増)に対して市場予想平均は60億円弱と上振れを予想。更に来期は70億円強を見込む調査機関もあり、高い利益成長が見込まれている。(温羅)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三菱UFJなどメガバンク高い、長期金利上昇で見直し買い流入◇
社宅サービスが一時6%強の上昇、7~9月期営業利益15.1%増 
レカムは一時23%高、NTT東と提携しAI-OCR及びRPAのパッケージサービス開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »