株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

足踏み、強弱材料が拮抗 11月07日07時46分

[本日の想定レンジ]
6日の米国市場はNYダウが0.07ドル安の27492.56、ナスダック総合指数が24.05pt安の8410.63、シカゴ日経225先物が大阪日中比変わらず23300円。昨日はローソク足が下ヒゲを伴う陰線を引き、売り買いの拮抗状態を示した。本日は下値が堅い一方、上値は重いとみられ、日経平均は23300円前後での足踏みが予想される。昨日終値の25日移動平均線との上方乖離率は4.54%と買われ過ぎを示す5%に近い。また、東証1部の騰落レシオは128.80%と節目の120%を上回っているため、短期的に売りを誘いやすい。ただ、25日線や日足の一目均衡表の転換線と基準線が上向きで推移しており、大勢では上昇トレンドが継続中。遅行線が株価との上方乖離幅を広げて投資家の買い余力増大を示しており、下げ幅は限られよう。

[予想レンジ]
上限23400円−下限23200円

<YN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »