株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中通商協議の早期進展への期待はやや後退か? 11月07日15時32分

 ロイター通信は6日、米政府高官の話を引用し、「米中の第1段階の通商合意の署名は12月にずれ込む可能性がある」と伝えた。報道によると、条件や開催地を巡る協議は続いており、開催地は12月3-4日に北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開催されるロンドンになる可能性もあるとみられている。

 市場関係者の間では「現時点で第1段階の通商合意はまだ達成されていないことから、11月中に署名される可能性は低い」との慎重な見方が広がっている。ただ、米中通商協議が中断されるとの懸念は特に高まっていないことから、米中通商協議は12月にかけて大きな進展がみられる可能性は残されている。12月15日に予定されている約1560億ドルの対中輸入関税の発動は回避される見込みだが、この点については予断を許さない状況が続くとみられる。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »