株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=シンメンテHD、子会社資産の共有で利益率向上 11月07日10時00分

 シンメンテホールディングス<6086.T>は、外食や小売りの店舗メンテナンスを手掛ける企業。サービス対象業界の拡大を目指した営業活動を強化するとともに、多様なニーズに対する新たなメンテナンスの提案・計画・実施に注力している。

 こうした取り組みが功を奏し、足もとでは主力の「緊急メンテナンスサービス」や「予防メンテナンスサービス」がともに伸長。10月11日に発表した20年2月期第2四半期累計(3~8月)の連結経常利益は4億9900万円(前年同期比33.8%増)で着地し、通期計画7億4200万円に対する進捗率は67.3%となった。また、子会社各社の経営資源の共有でグループ全体の販管費が下がり、上半期の経常利益率が6.4%(19年2月期通期は4.6%)に向上している点にも注目したい。

 株価は8月28日安値1288円と10月4日安値1351円でダブルボトムを形成し、調整一巡感から出直りの動き。直近では25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロスが実現している。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
文化シヤタが連日新高値、物流倉庫や商業施設の建設需要旺盛で4~9月期営業7割増益
三菱自は一時8%安と急落、20年3月期業績予想の下方修正を嫌気
サンケン電が一時18%高、20年3月期最終利益増額受け東証1部値上がり率トップに


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »