株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SANKYOとCryptoLab、仮想通貨を使ったブロックチェーン占いサービスを開始【フィスコ・アルトコインニュース】 11月07日14時11分

遊技機の製造・販売を手掛けるSANKYOとブロックチェーンを活用したビジネスコンサルティングやシステム構築を行うCryptoLabは7日、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンをより身近に感じられるコンテンツの創出を目的に、仮想通貨による占いコンテンツサービス「dApps神社」を共同開発し、2019年11月5日よりサービスを開始したと発表した。

「dApps神社」は、仮想通貨イーサリアム(ETH)とその根幹技術であるブロックチェーンを使ったdApps(分散型アプリケーション)占いサービス。利用者は1回0.02ETHで占いを購入すると、30日間は毎日無料で占術による占い結果を見ることができるとしている。さらに1回の占い購入につき、1枚のアセットと交換できるチケットを付与するという。チケットは、他のdAppsゲームで使えるキャラクター、アイテム等のアセットやdApps神社オリジナルアセットと交換できるようだ。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »