株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米中摩擦の行方に振らされやすい状況もセンチメントは明るい 11月08日08時46分

 8日の日本株市場は、米中協議の進展を背景とした米株高の流れを受けて、買い先行の相場展開になりそうだ。7日の米国市場では、NYダウが182ドル高となった。中国と米国は関税を段階的に撤回することで合意したと、中国商務省の報道官が明らかにしたと伝えられたことが材料視されている。これを受けてキャタピラーなど中国関連が堅調だったほか、長期金利の上昇を受けて金融セクターを中心に買いが広がった。さらに、原油先物相場の反発を受けて、エネルギー株が買われた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比175円高の23535円。円相場は1ドル109円20銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好からギャップスタートとなり、日経平均は年初来高値を更新してくる。決算ピークの中で資生堂<4911>など弱い内容の銘柄については売り優勢となろうが、先物主導によるインデックス売買により、指数インパクトの大きい値がさ株などが指数を押し上げる格好になりそうだ。もっとも、週末要因から積極的な売買は手控えられるため、ギャップスタート後は、23500円を挟んでのこう着が意識されやすい。

 ただし、昨日はソフトバンクG<9984>の影響が警戒されているなかでも、日経平均は小幅ながら3日続伸となるなど、底堅い相場展開だった。足元で日経平均は一気に23000円を回復していることもあり、調整局面では買い戻しのほか、押し目買い姿勢も意識されやすいところであろう。米中摩擦の行方に振らされやすい状況ではあろうが、ソフトバンクGの決算を受けた下落影響の中での底堅さにより、買い戻し中心ながらもセンチメントは明るいだろう。

 なお、来週まで決算ピークとなり、積極的な売買は手控えられそうだが、センチメントが明るい中では、決算通過後はアク抜けを意識した売買に広がりがみられてくる可能性もありそうだ。資生堂が売り一巡後に底堅い相場展開となるようだと、より買い戻しを意識させてこよう。また、昨日のソフトバンクGについても結局は戻し切れなかった格好だが、嫌気売りが向かう中で直近安値を割り込まなかった。不透明感はあるとはいえ、リバウンドを意識したスタンスも徐々に高まりやすいだろう。


<AK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »