株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>松竹、劇場アニメ好調の波に乗る 11月08日10時01分

 松竹<9601.T>の1万5000円台でのもみ合いは拾い場となっている可能性が高い。同社は歌舞伎、映画、不動産を収益の柱とし、コンテンツの制作・配信を展開しているが、近年のアニメ劇場映画ブームに乗り業績が回復している。

 2016年に公開した「君の名は。」がメガヒット作となったことをきっかけに映像ソフトメーカーによるアニメ配給事業の参入に伴うアニメの劇場映画が活発化し、同社をはじめとする大手配給会社などがアニメに積極的となっている。10月に発表した19年6~8月期営業利益は、7月に公開された「天気の子」が寄与する形で前年同期比59.4%増の24億6300万円と高変化をみせた。自社配給作品ではないものの、系列シネマコンプレックスが賑わったことで映像関連事業の収益拡大につながっている。20年2月期の営業利益は前期比9.5%増の50億円を据え置いているが、年末に向けて「アナと雪の女王2」などの上映を控えていることから、業績の上振れが期待できる。また、信用倍率も0.1倍台と売り長であり、株式需給関係の良さも味方して株価は更に上値を目指す展開が有望視される。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三越伊勢丹は急反発、上期営業利益28%増と1400万株を上限とする自社株買いを好感 
かんぽ生命が高い、MSCIに新規採用を好感◇
ソフトバンクグループが反発、海外機関投資家の買い戻しで前日の下げ上回る上昇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »