株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY金先物は小幅続落、ユーロ安を嫌気 11月09日08時38分


COMEX金12月限終値:1462.90 ↓3.50


8日のNY金先物12月限は小幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-3.50ドルの1オンス=1462.90ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1457.00ドル−1473.90ドル。通常取引開始前の8日のアジア市場で1473.90ドルまで戻す場面があったが、通常取引開始後は伸び悩んだ。トランプ米大統領が「米国は中国と関税撤回で合意していない」と述べたことから、金先物は下げ渋ったが、ユーロ安を嫌気して前日末の水準を再び下回った。



<TN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »