株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ビットフライヤー、次世代高速ブラウザ Braveと暗号資産ウォレットを共同開発【フィスコ・ビットコインニュース】  7月31日16時58分

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤーは30日、次世代高速ブラウザ Brave を提供する 米Brave Software(ブレイブ・ソフトウェア)の子会社で、ブロックチェーン関連業務を行う Brave Software International SEZC と、Brave ブラウザ内で使用できる暗号資産ウォレットを共同開発すると発表した。

同サービスにより、顧客は Brave ブラウザ上の広告視聴等によって、暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)を受け取り、そのBATを ビットフライヤーで売却できるようになる。また、ビットフライヤーで購入したBATを Brave ブラウザ上で利用できるようになるとしている。2020 年 11 月頃に提供を開始する予定だという。

ビットフライヤーは 4月にBraveブラウザ上で流通する暗号資産であるBATの取り扱いを開始した。両社は7月9日、業務提携に関する基本合意書を締結している。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »