株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は小幅に3日続伸、値がさ株の一角や金融株が堅調  1月12日15時54分

日経平均は小幅に3日続伸。11日の米国市場でNYダウは5日ぶりに反落し、89ドル安となった。民主党がトランプ大統領の弾劾訴追案を下院に提出し、政局の混乱が警戒されてハイテク株を中心に下落した。連休明けの日経平均はこうした流れを引き継いで134円安からスタートすると、寄り付き直後には一時27899.45円(前週末比239.58円安)まで下落。ただ、値がさ株の一角が日経平均の押し上げに寄与し、金融株なども堅調だったことから、前場中ごろには一転して28287.37円(同148.34円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比25.31円高の28164.34円となった。東証1部の売買高は13億3547万株、売買代金は2兆8947億円だった。業種別では、電気・ガス業、石油・石炭製品、空運業が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、証券、サービス業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の49%、対して値下がり銘柄は47%となった。

個別では、中外薬<4519>が商いを伴って6%近い上昇となり、1銘柄で日経平均を約35円押し上げた。同社のリウマチ治療薬が新型コロナウイルスにも有効と伝わった。米モデルナ製ワクチンの国内治験を20日にも始めると報じられた武田薬<4502>は3%超の上昇。第1四半期決算が大幅増益となった良品計画<7453>は5%を超える上昇となった。その他ではソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>がしっかり。また、ヒトコムHD<4433>などはストップ高を付け、前沢工<6489>やFブラザーズ<3454>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、ファーストリテ<9983>、トヨタ自<7203>、キーエンス<6861>などはさえない。米金利上昇を受けてエムスリー<2413>は3%の下落。ウエルシアHD<3141>は増益率鈍化が意識されて大きく売られた。また、グリムス<3150>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »