株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=日建工学、河川防災対策向けが好調  1月14日10時00分

 日建工学<9767.T>は消波ブロック、景観環境事業、土木シートが事業の3本柱。21年3月期通期の連結経常利益は前期比6.6倍の6億7000万円が見込まれている。

 足もとでは災害に対応した河川用護岸ブロックや土木シート製品の出荷が増えているほか、河川防砂災害対策向けの消波根固ブロックの型枠貸与が伸長。新たな受注の獲得と利益向上の取り組みとして、合理化・効率化の施策に注力していることも業績に寄与し、昨年11月12日に発表した21年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結経常損益は5億900万円の黒字(前年同期は5500万円の赤字)で着地した。台風や豪雨対策の公共投資は今後も底堅く推移するとみられ、良好な事業環境が続きそうだ。

 株価は12月22日に昨年来高値2043円をつけたあと一服商状となる場面もあったが、中期トレンドを示す75日移動平均線は上昇基調を維持している。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アイケイが大幅反発、生協ルートの食品売上伸び上期営業利益は2.9倍
吉野家HDが大幅反発、9~11月期営業損益は6億円強の黒字転換
村田製、TDKなど電子部品株が上値指向強める、5G対応スマホの生産拡大追い風◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »