株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DeFiプロジェクト「Flexa Network」【フィスコ・暗号資産コラム】  1月19日17時41分

Flexa Networkは、アメリカのETH基盤の決済サービスであり、2019年9月にサービスが開始された。暗号通貨の決済における「トランザクション完了まで一定時間が必要」、「チェーンが2本できた場合、一方は破棄される場合があり、決済が完了するかが不確実」、「小売事業者にとって価格変動が大きいのはリスクが大きい」といった課題の解決を目指す。

ユーザーが秘密鍵を保管しない「カストディ型」ウォレットのスマホアプリサービス「SPEDN」では、ユーザーはアプリに暗号資産を預けておき、いつでも利用することができる。ユーザーが預けた暗号通貨はGeminiのカストディで管理される。Flexa Networkに対応する小売事業者であれば、即時に決済することができ、決済時点での価格レートで換算した法定通貨がFlexa Networkから小売業者に支払われる(暗号資産から法定通貨への交換はGeminiで行われる)。

決済時には実際のブロックチェーン上でのトランザクションは不必要であり、Flexa Networkは1~2%の決済手数料を徴収する。決済にはBTC、BCH、ETH、LTC、Zcash、GUSDが利用可能であり、アメリカの大手食料品スーパーであるWhole Foodsなどが決済に対応している。

基盤トークンAMPを用いた決済サービスも提供されている。こちらはユーザーが秘密鍵を保管する「ノンカストディ型」であるが、即時決済ができ、店舗側もすぐに法定通貨を受け取ることができる仕組みである。この仕組みでは、ウォレット業者がAMPをステーキングする。AMPをステーキングすると、決済手数料の一部がトークンホルダーに分配される。

出所:DefiPulse



<RS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »