株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ロシア最大級チャリティー財団:仮想通貨での寄付受け付けなど最新技術を取り入れた成長ストーリー【フィスコ・暗号資産コラム】  2月15日15時55分

以下は、フィスコ・マーケットレポーターのタマラ・ソイキナ(ツイッター@ crypto_russia)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
----
※2021年2月15日に執筆

本日2月15日は国際小児がんデーです。この日に合わせ、2017年にアメリカの姉妹財団を通じて仮想通貨での寄付受付を始めた、ロシアで14年以上にわたり子どもたちのがんと戦い続けるロシア最大級のチャリティー財団「いのちの贈りもの」の理事、エカテリーナ・シェルゴワ氏へのインタビューをご紹介します。

タ「チャリティー団体『いのちの贈りもの』はロシアの人気女優チュルパン・ハマトワさんによって設立されました。ハマトワさんは映画分野だけでなく数々の国家的な賞を受賞した実績があります。彼女のことはロシア人なら誰でも知っていますね。まずは団体について簡単にご紹介お願いします。」

エ「『いのちの贈りもの』はこれまで14年間、がんと戦うロシアの子どもたちを支援してきました。かつてロシアでは、白血病の子どもは20~30%しか回復できませんでしたが、それは病気が治らなかったからではなく、薬や設備、献血のための資金が深刻に不足していたからです。医療従事者たちは小児がんの治療法を知っていても処置できなかったのです。そこで彼らから、ハマトワさんと、同じくロシア女優であるディナ・コルズンにチャリティー財団を作って欲しいという依頼が来たのです。

現在では、専門家によるとがんを持つ子どもたちの8割が回復するようになったそうです。しかしチャリティーの支援なしにがんの子どもたちを治療している国はほとんどなく、ロシアもまだそのような状況にあります。

財団の主な使命は、がんや血液疾患と戦うロシアの子どもや25歳以下の若者が、最も効果的で最新の医療と支援を受けることができるようにすることです。私たちは設立後14年間で5万7,000人以上の子どもたちに123億ルーブル(約175億円)以上を支援してきました。

タ「ロシアで初めてApplePayやGooglePayに対応した寄付のためのアプリを開発されましたね。その経緯と成果について教えてください。」

エ「寄付者が寄付しやすくするのは私たちの仕事です。アプリの導入により毎月の寄付額は20%、トランザクション数は30%増加しました。またアプリを通じた毎月の寄付額は150万ルーブル(約213万円)ほどで、全体の1~1.5%に相当します。

またロシアの大手銀行ズベルバンクと一緒に『Gift of Life Visa』のチャリティカードも発売しました。お店で1千ルーブルを決済するごとに0.3%の3ルーブルが寄付として引き落とされ、同時にズベルバンクからも3ルーブルが寄付されるという仕組みです。これにより2018年には1億4,400万ルーブル(約2億500万)の寄付が集まりました。また今年は他の銀行から直接寄付できるオプションも追加され、すぐに寄付額は月あたり500万ルーブル(約700万円)増えました。

タ「最近チャリティー団体による技術開発が活発ですが、他にどのようなものを採り入れていますか?」

エ「ロシアのいくつかのチャリティー団体は、既にVRやチャットボット、メッセンジャーを採り入れています。しかし、13カ国のNGOが参加したNonprofit Tech for Goodの調査によると、電子ウォレットを使用しているチャリティー団体はわずか3%、仮想通貨に至ってはわずか1%にすぎません。私たちは、常に寄付者のニーズに耳を傾けながら様々な技術を採り入れてきました。ズベルバンクと開発したカードの他に、SMSを使った寄付、QRコードの導入、月払いのサブスクリプションなどを実装しました。また初めて姉妹財団を通じた仮想通貨での寄付受け付けも始めました。

タ「仮想通貨での寄付受け付けのアイデアはどのようにして生まれたのですか?」

エ「ロシアでは仮想通貨取引が認められていないため、姉妹財団であるアメリカのPodari.Lifeが2017年からビットコインによる寄付の受け付けを開始しました。

デジタルマネーはますます普及してきているので、誰かが望む寄付の方法があれば、喜んで採用したいです。さらにブロックチェーンは、透明性と安い取引手数料という、常に重要となる原則を満たしています。
現在Podari.Lifeでは、ビットコイン以外に、6種類の仮想通貨を受け入れています。集まった寄付は、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースを通じて米ドルに変換します。集まった寄付は、Podari.LifeのほかイギリスのGift of Life、ロシア『いのちの贈りもの』の3財団のプロジェクトに充てられます。」

タ「仮想通貨での寄付受け付けを追加した効果はありましたか?」

エ「合計209btc、約112万1000ドル(約1億1700万円)が集まりました。寄付者にとってこの方法に抵抗がないのであれば、寄付方法の一つとして正解だったのではないでしょうか。」

タ「今後の最新技術取り入れに関する予定について教えて下さい。」

エ「現在私たちは、多くの問い合わせ対応など、社内リソースの配分や手作業の最適化という切実な問題に直面しています。解決策の一つはチャットボットの導入です。これにより、長期的に重要なタスクやプロジェクトのためのリソースが解放されます。アプリにARやゲーミフィケーション要素を採り入れることも検討しています。」

タ「最後に日本のみなさんに一言お願いします」

エ「まず、困っている人を助けることは当たり前のことで、私たちの共通の責任です。そして、がんの子どもには最も高額な治療費が必要です。今すぐにでも治療が必要なのです。このように、定期的かつ計画的に財団を支援してくださっているすべての寄付者の方々に感謝しています。どうかご支援をよろしくお願いいたします。」

タ「海外からでも複数の仮想通貨で寄付が出来ますので、日本の皆さんもご支援を頂けますと幸いです。」

HP: https://podari-zhizn.ru/main
寄付ページ:https://donate.podari-zhizn.ru/?_ga=2.92754205.1414884410.1609733340-1941461304.1608794750
暗号通貨で寄付(QRコード決済):https://www.podari.life/crypto



<RS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »