株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前田建---25日線が支持線として機能  2月22日08時37分

2月9日に1049円まで急伸した後は950円を挟んだこう着が続いているものの、25日線が支持線として機能している。一目均衡表では雲上限が支持線として機能しており、上値を抑えている
基準線を捉えてきている。遅行スパンは実線を上回っての推移が続いており、上方シグナルは継続。950円処では累積の出来高が積み上がっている水準でもあり、この水準を割り込まずにリバウンドとなるようだと、需給状況は悪化しないであろう。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »