株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=新電元、合理化で来期は急回復へ  2月22日10時01分

 新電元工業<6844.T>に注目したい。21年3月期は12年ぶりに営業赤字に転落する見通しだが、来期以降は急回復が見込める。同社は8日に今期の営業損失を従来予想の31億5400万円から16億円に赤字幅の縮小を発表した。自動車や家電での半導体需要の回復が早まったことなどが寄与する。生産体制の適正化や人員削減などの固定費の削減の効果で22年3月期の同損益は30億円前後の黒字へV字型回復が見込める。

 23年3月にかけて同利益は50億円前後への増益が期待できそうだ。株価は足もとで上昇基調だが、連結PBRは0.6倍台と割安感は顕著。コロナ禍前の19年12月高値4000円回復からの一段高が狙えそうだ。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オーケストラが大幅続伸、連結子会社Sharing Innovationsの上場が承認
ケンコーマヨが3日ぶり反発、20万株を上限とする自社株買いを実施へ
イソライト急騰、半導体関連の出遅れ割安株として頭角現す


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »