株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY外為:ドル軟調&リスクオフ一服、パウエルFRB議長が金融緩和維持する方針再表明=上院証言  2月24日01時43分


NY外為市場では米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長証言を受けてドルは軟調推移となったほか、リスク回避の動きが一段落した。

パウエル議長は上院銀行委員会での証言でFRBの目標達成や著しい進展には時間がかかるとの考えを繰り返した。また、最近のインフレ上昇も「一時的」との見方を再表明。速やかな金融緩和策の出口戦略実施への警戒感が後退した。一時300ドル超下げたダウ平均株価は下げ幅を縮小。米10年債利回りは1.39%まで上昇後、1.34%まで低下した。ドル・円は105円43銭から105円06銭まで下落後も105円台前半でのもみ合いが続いた。ユーロ・円は127円70銭まで反落後、127円87銭まで反発。ユーロ・ドルは1.2135ドルから1.2155ドルまで強含んだ。




<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »