株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均テクニカル:小反落、RSIは売り買い拮抗を示唆  4月08日18時15分

8日の日経平均は小反落した。終値は昨日に続いて5日線をわずかに下回ったが、上向きの25日線を割り込むことなく推移し、底堅さを確認した。ローソク足は陽線を引いたが昨日に続いて胴体部分は極端に短く、RSI(14日ベース)が中立圏中央付近(48.97%)に滞留していることもあり、足元では売り買いの拮抗状態が続いているもよう。
一目均衡表では株価が雲上にとどまって三役好転を維持した。遅行線の強気シグナルが小さい一方で、基準線は3月29日を起点に横ばいを続けており、目先はもみ合い延長が予想される。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »